麻布十番周辺で植物鑑賞

麻布十番がある場所は武蔵野台地が伸びてきているところであり、河川の浸食によって谷が形成されています。このような地形的特徴があるため、坂道が多い場所です。坂道が多い場所には外国大使館も多いことで有名です。西側のほうの六本木へと行けば、毛利庭園という江戸時代の大名庭園の名残があります。毛利庭園は大都会の六本木の真ん中にありますが、桜の名所としても有名で、豊富な植物を観察できる場所です。周囲の風情ある坂道とともに観光客に親しまれる存在となっています。麻布十番の街の東側には芝公園と増上寺があります。増上寺は浄土宗の寺院で、徳川将軍家の菩提寺の一つです。かつては壮大な伽藍を有していましたが、戦災で大きな被害を受けました。戦後に建物が復興し、旧伽藍の一部は公園となっています。増上寺の境内には巨木も多く、都会の喧騒を忘れさせてくれる場所です。境内では季節ごとにさまざまな花を観察できます。秋には紅葉も美しい場所です。